場所

大石神社

元禄赤穂事件以降、赤穂義士を称賛する人々が旧赤穂城内の大石邸内に小さな祠(ほこら)を建て義士を祭って

息継ぎ井戸

刃傷事件を起こしたことを大石内蔵助に知らせるべく、江戸にいた早水藤左衛門と萱野三平が早駕籠で赤穂に向

田村邸

刃傷事件発生時に江戸城にいた陸奥国一関藩主 田村建顕は、老中の土屋相模守から浅野内匠頭を預かるように

泉岳寺

612年(慶長17年)、徳川家康が幼少期にお世話になった今川義元の供養をするために外桜田の地に建てら

花岳寺

1645年(正保2年)、浅野内匠頭の祖父・長直が赤穂藩主に就いた際、浅野家の菩提寺として建立された。