義士Blog

「大活躍した多才な人」 大高源五

12月14日に吉良上野介の屋敷でお茶会がある、という情報を入手した人。首が太くて短く、顔にはあばたが

「仇討ちリーダー」 大石内蔵助

赤穂藩主だった浅野内匠頭の亡き後、赤穂のなかまたちを率いてあだ討ちを行った中心人物。忠臣蔵などでは健

「清廉潔白を貫き通すガンコもの」浅野内匠頭

幼少の頃に両親を亡くし、たった9歳で家を継ぐ。素晴らしいお殿さまと評判が高かったおじいちゃんを尊敬し

「元禄赤穂事件のきっかけになった男」吉良上野介

赤穂義士たちの憎き仇(かたき)。若いころは美男子だったらしい。ワイロと茶道が大好き。代々、江戸幕府に

元禄赤穂事件③ ~ 討ち入り後 ~

■ 赤穂義士の処分  赤穂義士らの処分については、幕府のなかでも意見の違いがあったが、最終的には 「

元禄赤穂事件② ~ 討ち入り ~

■ 討ち入りまで 刃傷事件の影響は、播磨赤穂藩藩主 浅野内匠頭の切腹だけではなく、幕府は浅野家に対し

元禄赤穂事件概要① ~ 刃傷事件(にんじょうじけん) ~

■ 刃傷事件とは 江戸時代の前期、第5代将軍徳川綱吉(とくがわつなよし)の時代である元禄14年(17

大石神社

元禄赤穂事件以降、赤穂義士を称賛する人々が旧赤穂城内の大石邸内に小さな祠(ほこら)を建て義士を祭って

息継ぎ井戸

刃傷事件を起こしたことを大石内蔵助に知らせるべく、江戸にいた早水藤左衛門と萱野三平が早駕籠で赤穂に向

田村邸

刃傷事件発生時に江戸城にいた陸奥国一関藩主 田村建顕は、老中の土屋相模守から浅野内匠頭を預かるように