義士Blog

「“徳利の別れ”で有名だが実はお酒は飲めない無口な義士」赤埴源蔵

「徳利(とっくり)の別れ」という講談では大酒飲みとなっているが、実はお酒はあまり飲めなかった。口数(

「志なかばで倒れた父の意志を受けついだ美青年」矢頭右衛門七

志半ばで亡くなった父の意志を受け継ぎ、吉良上野介への仇討ちを心に決めた家族思いの青年。泉岳寺のお坊さ

「内蔵助もその忠義の心を認めた義士」三村次郎左衛門

赤穂藩の武士としては、浅野家家臣の吉田忠左衛門専属の足軽であった寺坂吉右衛門の次に身分が低かった次郎

「もうひとりの「赤城盟伝」の作者」前原伊助

人一倍正義感が強かった。商売上手で、浪人になってからは古着屋や米屋をしていた。神崎与五郎と一緒に書い

「文筆の才能にすぐれ大石内蔵助の代筆もしていた義士 」中村勘助

勘助は奥州(現在の東北地方)の出身であったため、赤穂には家族以外の肉親がいなかった。そのため、吉良上

「親の言いつけを守り名をあげた義士 」冨森助右衛門

お母さんの言いつけを常に守る孝行息子。大石内蔵助の秘書のような役目をしていて、しゃべるのがとてもうま

「ただ一人生き残り義士を最後まで弔った家来の鏡 」寺坂吉右衛門

まじめで正直な人柄で、足軽(あしがる ※1)としてはただ一人だけ討ち入りに参加することを許されるほど

「勇猛果敢だがおっちょこちょいな孟子の子孫」武林唯七

名前 :武林唯七隆重(たけばやし ただしち たかしげ)コピー:勇猛果敢だがおっちょこちょいな孟子の子

「吉良上野介にかわいがられた忠義心旺盛な美青年」清水一学

一学は剣術が好きだったので、兄の藤兵衛が務めている陣屋に通っては、剣術を習っていた。目鼻立ちがくっき

「浅野内匠頭とケンカをした男 」千馬三郎兵衛

とても正直で人に気に入られようとする言動ができない性格であったため、主君の浅野内匠頭に対しても思った