仲間たち

「死してなお忠義を尽くした男」萱野三平

三平は、仕事で江戸城へきていた浅野内匠頭にお供して江戸城にいた。そんなとき、刃傷事件が発生。この一大

「吉良上野介にかわいがられた忠義心旺盛な美青年」清水一学

一学は剣術が好きだったので、兄の藤兵衛が務めている陣屋に通っては、剣術を習っていた。目鼻立ちがくっき

「幼い孫を置き去りにした不忠臣」大野九郎兵衛

赤穂藩の経理財務を担当(経済官僚)する財政通。不忠臣の代表格。主君 浅野内匠頭が起こした刃傷事件によ

「‘’槍の名手‘’から一転‘’嫌われ者‘’になった男」高田郡兵衛

「槍の郡兵衛」と呼ばれるほどの槍術の達人。堀部安兵衛・奥田孫太夫と共に江戸急進派の中でもかなりの強硬

「激怒で浅野内匠頭を切腹させた徳川第5代将軍」徳川綱吉

犬・猫・鳥類・魚類・貝類・虫類などの生き物、さらには人間の幼児や老人などについても殺すことを禁止する

「義士たちの切腹を求めた儒学者」 荻生徂徠

元禄赤穂事件が起きた時代に活躍した儒学者、思想家。将軍である徳川綱吉の側用人であった柳沢吉保とも古い

「酒に溺れ志を失った不心得者」 田中貞四郎

赤穂義士である片岡源五右衛門と礒貝十郎左衛門とともに、浅野内匠頭からとてもかわいがられた。 刃傷事

「清廉潔白を貫き通すガンコもの」浅野内匠頭

幼少の頃に両親を亡くし、たった9歳で家を継ぐ。素晴らしいお殿さまと評判が高かったおじいちゃんを尊敬し

「元禄赤穂事件のきっかけになった男」吉良上野介

赤穂義士たちの憎き仇(かたき)。若いころは美男子だったらしい。ワイロと茶道が大好き。代々、江戸幕府に