「記録が少ない謎の美青年」吉田沢右衛門

名前 :吉田沢右衛門兼貞(よしだ さわえもん かねさだ)
コピー:記録が少ない謎の美青年
属性 :赤穂四十七士

 

吉田沢右衛門    吉田沢右衛門

 


■  キャラクター

同じ義士である吉田忠左衛門の息子。沢右衛門についての記録は少ないが、美男子であったとされる。


 

■  刃傷事件後 ~父とともに討ち入りに参加~

刃傷事件により浅野家が取りつぶしになった後から、父である忠左衛門とともに討ち入りの準備を進めた。
沢右衛門が江戸に向かう途中の大井川で、歌舞伎役者の女形に間違えられて川越し人足(かわごしにんそく ※1)たちにからまれるというエピソードが有名だが、史実を検証するとこれは後日つくられた話であることがわかった。しかし、歌舞伎役者の女形に間違えられるとは、よほどの美男子であったのだろうと想像できる。

※1 江戸時代、大井川などの橋がかかっていなかった川で、人を肩や台に乗せて川を渡すことを職業とした人のこと。


 

■  討ち入り当日

討ち入りでは表門組として参加し、奮戦した。


 

■  辞世の句

不詳
享年29歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■  博士のコメント

沢右衛門さんは、お父さんが四十七士の中でナンバー2だったので、お父さんの影に隠れて、あまりエピソードも残ってません。
元吉田家の足軽だった寺坂吉右衛門さんが、お父さんと沢右衛門さんの討ち入り当夜の姿を記録にとどめていて、資料に残ってるんですよ。