「敵の弓の弦を切る機転を見せた若武者」小野寺幸右衛門

名前 :小野寺幸右衛門秀富(おのでら こうえもん ひでとみ)
コピー:敵の弓の弦を切る機転を見せた若武者
属性 :赤穂四十七士

 

小野寺幸右衛門    小野寺幸右衛門

 


■ キャラクター

同じ義士である小野寺十内の義理の息子。討ち入りでは、吉良側が用意していた弓の弦を切って使えなくするなど大活躍した。


 

■ 刃傷事件前 ~義父、実兄、実弟が義士~

赤穂藩浅野家の家臣 大高兵左衛門の次男として生まれた。兄は同じく義士の大高源五。母が小野寺十内の姉であったこともあり、子どものいなかった赤穂藩浅野家家臣 小野寺十内の養子として小野寺家に入った。


 

■ 刃傷事件後 ~自らの意思で討ち入りに参加~

刃傷事件が起こった時、幸右衛門は京都で十内の手伝いをしていた。十内は当時部屋住みだった幸右衛門に対し、まだ浅野内匠頭に仕えていたわけではないので討ち入りに参加することはないと言ったが、幸右衛門は自らの意志で参加を決めた。その後、討ち入りまで十内をサポートしている。


 

■ 討ち入り当日 ~弓の弦を切って吉良家の弓を封じた~

討ち入りでは表門組として参加した。吉良上野介の屋敷内に玄関から真っ先に切り込み、3人の番人を切り伏せた。また、その時に吉良側が準備していた弓を発見し、弓の弦をすべて切って使えなくするという冷静な対処をしている。こういった武勲を、父の十内は妻への手紙で称賛している。


 

■ 辞世の句

今朝もはやいふ言の葉もなかりけりなにのためとて露むすぶらん
享年28歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

幸右衛門さんは、小野寺家に養子に行ったわけですが、討ち入り当夜の活躍を褒められて、養父の小野寺十内さんにとっては、自慢の息子だったそうです。最初から最後まで、お父さんを支え続けた孝行息子だったんですね