「おしどり夫婦で有名な古兵」小野寺十内

名前 :小野寺十内秀和(おのでら じゅうない ひでかず)
コピー:おしどり夫婦で有名な古兵
属性 :赤穂四十七士

 

小野寺十内    小野寺十内

 


■ キャラクター

浅野家代々の家臣で、妻の丹(たん)とはとても仲が良かった。その仲の良さは筋金入りで、十内が仇討ちを成しとげた後、丹は十内の後を追って自害している。


 

■ 刃傷事件まで ~夫婦仲良く、和歌を楽しむ~

小野寺家は浅野家に代々仕えており、討ち入りには十内の一族も多く参加している。
十内は京都留守居として京都にいた。妻の丹とはとても仲が良く、夫婦で和歌を習い、多くの作品を残している。


 

■ 刃傷事件後 ~妻と多くの手紙をやりとりした~

刃傷事件により浅野家が取りつぶしになると聞くと、十内は覚悟を決めて戦道具を持って赤穂へ一目散に駆けつけた。そこで大石内蔵助の人柄を信頼し、以降はお家再興派として活動することになる。
丹にはまめに手紙を出しており、その内容は十内の心境とともに、当時の義士の活動をひも解くことができる重要な資料になっている。その手紙で十内は、妻の身を案じつつ、この討ち入りが忠義に報いる大切なものだと決意を固くし、内蔵助をサポートしている。


 

■ 討ち入り当日

討ち入りでは裏門組として、吉田忠左衛門と間喜兵衛とともに、大石主税をサポートした。さらに十内は吉良上野介の屋敷内に踏み入った時に敵3人を討ち取っている。
討ち入りを成功させ細川家に預けられた間も、十内と丹は和歌をやりとりしていた。十内が切腹した後、丹は京都のお寺で絶食して自害、夫の後を追った。


 

■ 辞世の句

今ははや言の葉草もなかりけり何のためとて露結ぶらむ
享年61歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

十内さんは、内蔵助さんの参謀の一人です。京都留守居役だったので、京都に住んでました。奥さんとは、チョーおしどり夫婦であったことが有名で、討入りまでの間に別々に住んでる間にも、奥さんにたくさんのラブレターを送ってたそうです。そんなおじいさんってステキですよね。