「生まれたばかりの子に名刀村正を遺した若侍」奥田貞右衛門

名前 :奥田貞右衛門行高(おくだ さだえもん ゆきたか)
コピー:生まれたばかりの子に名刀村正を遺した若侍
属性 :赤穂四十七士

 

奥田貞右衛    奥田貞右衛

 


■ キャラクター

赤穂藩浅野家の家臣 近松行生の五男として生まれた。同じ義士である近松勘六の腹違いの弟であり、同じく義士の奥田孫太夫の娘婿。義父・異父兄と一緒に討ち入りに参加した。


 

■ 刃傷事件後 生まれたばかりの息子に脇差しを遺(のこ)す

刃傷事件後、江戸で吉良邸討ち入りのための活動しており、討ち入りの直前に息子である清十郎が誕生している。
貞右衛門は、息子の将来を想い、大切にしていた名刀である村正(脇差し)を遺した。それは、もし将来生活に困った時に少しでも助けになれば、と清十郎を気遣った貞右衛門の精いっぱいの親心だった。


 

■ 討ち入り当日

討ち入りでは裏門組に所属し、長太刀を振るって奮戦した。


 

■ 辞世の句

不詳
享年26歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

貞右衛門さんは、近松勘六さんの弟です。勘六さんが吉良邸で戦っているときに、負傷して池に落ちたので、吉良邸から泉岳寺に引き上げる時には、兄に肩を貸して一緒に引き上げていったと言われています。