「急進派を説得しにいき反対に説得されてしまった内蔵助の参謀」原惣右衛門

名前 : 原惣右衛門元辰(はら そうえもん もととき)
コピー: 急進派を説得しにいき反対に説得されてしまった内蔵助の参謀
属性 : 赤穂四十七士

 

原惣右衛門    原惣右衛門

 


■ キャラクター

吉田忠左衛門、小野寺十内とならび、大石内蔵助の参謀として活躍した。義士の岡嶋八十右衛門は、惣右衛門の弟。子だくさんで有名。


 

■ 討ち入りまで

刃傷事件のあった当日、惣右衛門は勅使をもてなすための伝奏屋敷にいた。
ところが、刃傷事件により勅使饗応役浅野内匠頭から変更になったため、伝奏屋敷に持ち込んでいたさまざまな道具を早急に引き上げなければならなくなった。道具には、座敷の飾り付けやびょうぶ、寝具など大きな家具もたくさんあったが、惣右衛門の指揮のもと速やかにすべて江戸の赤穂藩浅野家の屋敷に運び込んだ。その手際の良さに、幕府の役人も感心したという。その後、江戸の浅野家の屋敷も召し上げられ荷物の移動させた時にも、惣右衛門はすべてにおいて指揮をとり迅速に対処した。
赤穂に戻ると、赤穂城に籠城すると主張する大石内蔵助と、直ちに開城するという大野九郎兵衛のどちらに従うか、と大騒ぎの状況だった(大評定)。そこで、惣右衛門は「今は議論に時間をかけている場合ではない。籠城する覚悟のあるものは残り、開城したいものは出ていけ!」と一喝した。その一言で場の空気は一転、大野派は城を去り、残った者は内蔵助をリーダーとして従うこととなった。
その後、惣右衛門は内蔵助の片腕として活躍する。今すぐ仇討ちすべしという江戸急進派に時期を待つようにと赤穂から説得に向かうが、反対に説得されてしまい、内蔵助が自ら江戸に下って直接急進派を説得することとなった。


 

■ 討ち入り当日

表門組として、弟の岡嶋八十右衛門と共に討ち入りに参加。吉良上野介の屋敷の表門からはしごをかけて入ろうとした。そして、下からはしごを登ってくる他の義士を引っ張りあげたとき、惣右衛門は屋根から滑り落ちて足をくじいてしまう。吉良邸に侵入したあとも、くじいた足の腫れがひかず歩くこともままならない状態だったので、討ち入り後に泉岳寺へ向かうときも、駕籠(かご)に乗って移動した。また、討ち入りのさなか、近隣の家に「ご迷惑をおかけしないようにしますので、よろしくお願いします。」とあいさつをし、吉良の仇討ち後にも「お騒がせしてすみませんでした。」とあいさつしてから引き上げた。


 

■ 辞世の句

かねてより 君と母とに しらせんと 人よりいそぐ 死出の山道
享年56歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

原さんは、剛直のおじさんですねー。浅野さん刃傷の時は、早駕籠に乗って赤穂まで帰ってきて、浅野さんの切腹、お家断絶を内蔵助さんに伝えた人です。
そして、あまり知られていませんが、原さんは新参で赤穂浅野家に仕えていましたが、その前にお勤めしてたのが、吉良さんの息子さんが殿さまをしてた上杉家なんですよ。