神文返し(しんもんがえし)

大石内蔵助は、大評定の際に同志から提出されていた誓約書を、大高源五らを使って同志たちに浅野大学の処分を知らせるとともに誓約書を返した。
そして、誓約書を受け取らなかった者だけを、仇討ちに参加させることにした。同志たちの本音を確認するために行われた。