お預け(おあずけ)

江戸時代にあった刑罰の一種。幕府から言い渡される。
外出大名、親類、町、村、寺などに身柄が預けられ、そこで閉門(いまでいう謹慎)の罪となる。