「内蔵助を支えた大石家の若者」大石瀬左衛門

名前 : 大石瀬左衛門信清(おおいし せざえもん のぶきよ)
コピー: 内蔵助を支えた大石家の若者
属性 : 赤穂四十七士

 

大石瀬左衛門    大石瀬左衛門

 


■ キャラクター

大石内蔵助の親族で、内蔵助の息子である主税を除いては大石家からただ一人討ち入りに参加した若者。内蔵助と同じく東軍流剣術を学んだ。


 

■ 刃傷事件後 兄の離脱にもかかわらず討ち入りに参加

刃傷事件時、瀬左衛門は江戸で浅野内匠頭に仕えていた。内匠頭の刃傷事件を江戸城で聞いた瀬左衛門は、すぐさま江戸の屋敷に戻って刃傷事件のことを伝えた。その後、内匠頭が即日切腹となったことを赤穂に知らせるため、瀬左衛門は原惣右衛門とともに赤穂へ戻り、討ち入りの仲間に参加した。当初は瀬左衛門の兄も討ち入りの仲間だったが、討ち入り前に離脱した。しかし、瀬左衛門は最後まで内蔵助に従った。


 

■ 討ち入り当日 伯父が用意した衣装で奮戦

裏門組として、自慢の槍(槍やり)で奮戦した。なお、討ち入りには、伯父の大石無人(おおいし むじん)が用意してくれた衣装で参加している。その衣装は、預けられた細川家から大石無人の手に返され、当時の様子を表す資料として現在に伝わっている(大石神社)


 

■ 辞世の句

不詳
享年27歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

瀬左衛門さんは、原さんと一緒に早駕籠で殿様切腹の知らせを持って帰ってきました。内蔵助さんのおうちのとなりに住んでました。瀬左衛門さんには、孫四郎さんってお兄さんがいたのですが、兄は親孝行、弟は忠義ということで、孫四郎さんは討入りしなかったと言われています。