「吉良に一番槍をつけたラッキーボーイ」間十次郎

名前 :間十次郎光興(はざま じゅうじろう みつおき)
コピー:吉良に一番槍(いちばんやり)をつけたラッキーボーイ
属性 :赤穂四十七士

 

間十次郎    間十次郎 

 


■ キャラクター

父である喜兵衛と弟の新六郎とともに討ち入りに加わった間家の長男。討ち入りでは、主君の仇(かたき)である吉良上野介に一番槍をつける大手柄を立てた。


 

■ 刃傷事件まで 武芸に力を入れた

十次郎は、江戸で一番の剣客であった堀内源左衛門の道場(堀部安兵衛や奥田孫太夫も学んだ)に通い剣術を学んだほか、水沼久太夫からは槍を学ぶなど、武芸者だった。


 

■ 刃傷事件後 父、弟とともに討ち入りに参加

刃傷事件の時は、まだ部屋住みであったが父とともに討ち入りの仲間に加わった。
武林唯七の兄・半右衛門が討ち入りの仲間に加われないことでひどく悲しんでいることを知り、半右衛門宛に慰めの手紙を書いている。


 

■ 討ち入り当日 吉良を見つけ出し、一番槍をつけた

討ち入ったが、なかなか吉良を発見できない同志たちは焦っていた。
十次郎が台所わきの炭小屋を調べようとしたところ、数名の侍が飛びかかってきたが、それを斬り伏せた。
その奥に潜んでいた白髪の老人が脇差しを抜いて飛び出してきたところを、十次郎は槍でひと突きし、その直後に武林唯七が斬り伏せた。その老人こそが吉良上野介であった。これにより四十七士の仇討ちは達成された。
その後、泉岳寺の浅野内匠頭の墓前に吉良の首級(しるし)を供えた際も、一番槍をつけた十次郎が最初に焼香した。


 

■ 辞世の句

終(つい)にその待つにぞ露の玉の緒のけふ絶えて行く死出の山道
享年26歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

十次郎さんは、一番槍の殊勲賞なのですが、近年見つかった資料で、堀部安兵衛さんのいとこの佐藤條右衛門さんが書いたレポートの中に、十次郎さんと武林唯七さんが、どっちが先に倒したかで、もめてたりしてるエピソードが書かれています。ひょっとしたら、武林さんの一番太刀が先なのかも???こういったことが楽しさを増すわけですねー。