「壮絶な切腹を見せた豪傑」間新六郎

名前   :間新六郎(はざま しんろくろう)
コピー  :壮絶な切腹を見せた豪傑
属性   :赤穂四十七士

間新六郎    間新六郎

  


■ キャラクター

父である喜兵衛と兄の十次郎とともに討ち入りに加わった間家の次男。本懐を遂げた後の切腹では、いきなり腹を切った逸話でその名を広く知らしめた。


 

■ 刃傷事件まで 養子となったが折り合い悪く家出

間家の次男であったが、親類に養子に出された。しかし、養父とあまり仲良くなれず、家出して浪人になった。


 

■ 刃傷事件後 討ち入りを聞き、参加を申し出る

刃傷事件の時、新六郎は江戸で浪人をしていた。しかし、討ち入りの仲間に父と兄が参加していることを聞き、堀部安兵衛ら江戸の仲間たちを通じて大石内蔵助に参加を願い出た。最初は参加を断っていた内蔵助だが、喜兵衛らの口添えもあり、最後には新六郎の参加を認めた。


 

■ 討ち入り後 本当に切腹して周りを驚かせた

仇討ち、という思いをとげた新六郎は、預けられた毛利家で切腹することとなった。当時、切腹は形式化されており、実際に腹を切ることはほとんどなかった。しかし、新六郎は短刀を手に取ると腹に突き立て切り裂いた。それを見た介錯(かいしゃく)人は、あわてて首を切り落としたという。この様子を見た役人は、その潔さを褒めたたえたとされる。


 

■ 辞世の句

思草茂れる野辺の旅枕仮寝の夢は結ばざりしを
享年24歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

新六朗さんは、本当におなかを刺して切腹したんです。当時ではなかなか考えられないことですが、まわりはみんなスゲー人やな!って感服したそうですよ。ちなみに新六郎さんだけ、最初は泉岳寺ではなく、築地本願寺に葬られました。姉婿の中堂又助さんって人が、どうしてもって言ってそうしたんですが、今は分骨されて、泉岳寺にも新六郎さんは眠ってます。