「親子で討ち入りした心優しい槍の名手」 間瀬孫九郎

名前 : 間瀬孫九郎正辰(ませ まごくろう まさとき)
コピー: 親子で討ち入りした心優しい槍の名手
属性 : 赤穂四十七士

 

間瀬孫九郎    間瀬孫九郎

  


■ キャラクター

赤穂義士のひとりである間瀬久太夫(ませ きゅうだゆう)の長男で、親子で討ち入りした槍の名手。討ち入り直後でも、周囲を気遣った心優しい青年。


 

■ 討ち入りまで

刃傷事件直前まではまだ赤穂城につとめていなかったが、事件直後の会議(大評定)から参加。父の久太夫は大石内蔵助に従ったが、孫九郎は堀部安兵衛などの江戸急進派に所属し、江戸では義士たちの間の連絡係として活動していた。また、江戸での潜伏中は寿司屋をしていたと言われている。


 

■ 討ち入り当日

討ち入りの時は裏門組で、野外の警戒役として参加。槍の名手で、屋敷内から追われて出てくる敵と戦った。
討ち入り後、泉岳寺に向かう途中、知らない子どもに槍に付けていた袖印(そでじるし ※1)を欲しいといわれ、プレゼントした心優しい面も持つ青年だった。

※1 戦場で敵味方を見分けるために、布で作った札のようなもの。武器や鎧に付けた。


 

■ 辞世の句

不詳
享年23歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

孫九郎さんは、部屋住みといって、まだお勤めする前に事件が起きちゃったわけです。
お父さんの久太夫さんは、赤穂藩の警視総監みたいな役職だったので、厳しいおうちで育ったわけです。おうちは赤穂城の中にありました。