勅使饗応役(ちょくしきょうおうやく)

天皇からの使者は「勅使(ちょくし)」、上皇(前に天皇だった方)からの使者を「院使(いんし)」と称した。
勅使や院使は、毎年正月に行われる将軍の「年賀の挨拶」に対する返礼や、新しい将軍が就任した時、将軍家の慶弔などの時に、幕府(江戸城)へお越しになった。その勅使や院使をおもてなす役が「饗応役(きょうおうやく)」と呼ばれたため、勅使の饗応役は「勅使饗応役」、院使の饗応役は「院使饗応役」とされた。
勅使饗応役には石高3万石~10万石前後の外様大名、院使の饗応役には石高1万石~3万石前後の外様大名が主に任命された。

幕府から饗応役に任命された大名は、幕府と朝廷の良好な関係性を保つため、ごちそうを振る舞い高価な進物を贈るなど、最大級のおもてなしを求められた。

また、勅使や院使に無礼があるといけないので、饗応役の大名には、朝廷への礼儀作法に通じた高家(幕府の儀式や典礼を指導する役職)が指南役(教育係)として付くことが決まりだったが、この指南役の高家に対しても、高価な進物などといった指南料が必要だったので、勅使饗応役に任命されると莫大な費用が必要となった。