「堀部安兵衛に続く江戸急進派の剣豪」奥田孫太夫

名前 : 奥田孫太夫重盛(おくだ まごだゆう しげもり)
コピー: 堀部安兵衛に続く江戸急進派の剣豪
属性 : 赤穂四十七士

 

奥田孫大夫    奥田孫大夫  


 

■ キャラクター

剣術の達人。堀部安兵衛高田郡兵衛らと共に、江戸急進派の急先鋒(きゅうせんぽう)として活動したアツいおじさん。たまに暴走しそうになるけど、いつも吉田忠左衛門が止めてくれる。


 

■ 2回も主君が刃傷沙汰を起こして切腹する

孫太夫は父とともに、もともとは内藤和泉守(ないとういずみのかみ)に仕えていた。和泉守の妹が浅野内匠頭の父と結婚することになったので、浅野家にお供してきた。その後、和泉守は刃傷沙汰を起こし切腹、内藤家はお家断絶になったが、孫太夫はそのまま浅野家に残った。そして、内匠頭も刃傷沙汰を起こし切腹となったことで、孫太夫は主君の切腹を2回も経験することとなった。


 

■ 刃傷事件のあと

刃傷事件の時、孫太夫は江戸にいた。事件の直後、吉良上野介の屋敷にすぐさま討ち入ろうとするが、当時浅野家の江戸家老(※1)だった安井彦右衛門(やすい ひこえもん)に「時期が悪い」と止められる。たしかに事件の直後では警備も厳しいだろうということで孫太夫は納得するが、その後、彦右衛門に「そんなにやりたければ自分たちだけでやればいいのに」と陰口を言われていることを知り、強く反発。仇討ちを主張する江戸急進派として、時に暴走してしまうほど熱心に活動するようになる。

※1 江戸にある屋敷に務めてている家臣の中で一番偉い人(藩主は、地元と江戸に屋敷を持っている)


 

■ 切腹作法の練習

討ち入りでは、表門組として参加。長太刀を振るい、57歳とは思えないほどの働きを見せる。切腹の前に、作法がわからないと言って練習をした。


 

■ 辞世の句

不詳
享年57歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

孫太夫さんは、年はとってても暴れん坊のおじさんでした。最初は兵右衛門って名前でしたが、孫が出来たから自分のお父さんの名前だった孫太夫に替えたっていうウワサ。
NHK大河ドラマ「峠の群像」では、毒蝮三太夫さんが演じておられますが、これがなかなかいい感じです。