「‘’槍の名手‘’から一転‘’嫌われ者‘’になった男」高田郡兵衛

名前 :高田郡兵衛(たかだ ぐんべえ)
コピー:「槍の名手」から一転「嫌われ者」になった男


 

■ キャラクター

「槍(やり)の郡兵衛」と呼ばれるほどの槍術の達人。刃傷事件直後から、堀部安兵衛奥田孫太夫とともに江戸急進派の中でもかなりの強硬派として活動。仇討ちをゴリ押ししたり、なかなか動き出さない大石内蔵助の悪口を言ったりしていた。しかし、一度目に内蔵助が江戸に来た頃(討ち入りの1年以上も前)に脱盟(※1)した。

※1:吉良上野介に仇討ちしよう!と約束した仲間から抜けること


 

■ なぜ脱盟したのか

叔父さんから養子になるようとの申し出を受けたが、郡兵衛は仇討ちのために「ちょっと考えてることがあるんで……」と言って断った。すると、叔父さんが郡兵衛の兄に「考えてることって、ひょっとして仇討ちのことか?!」と迫ると、兄はそれを認めてしまった。それを聞いた叔父は、郡兵衛が養子に来なければそのことを幕府に訴えると言いはじめたため、やむを得ず郡兵衛は脱盟した。
しかし、どのような理由であっても、江戸急進派の代表格であったにも関わらず急に態度をひるがえしたことにかわりはなく、これは江戸急進派の顔に泥を塗ったことにもなったので、同志たちはとても怒ったらしい。


 

■ 赤穂義士の吉良邸討ち入り後

祝酒を持って泉岳寺を訪れたが、義士たちに「刀を使うまでもない。踏み殺せ!」とまで言われ、追い返された。
なお、郡兵衛ではない人が叔父さんの養子になって家を継いでいるため、郡兵衛のその後の消息は不明。


 

■ 博士のコメント

郡兵衛さんは、ある意味かわいそうな人ですよねー。自分から仇討ちの話をしたわけでもないのに、バレちゃったわけですから。
ちなみに叔父さんの名前は、内田三郎衛門さんて言います.