「江戸の英雄」 堀部安兵衛

名前    :堀部安兵衛武庸(ほりべ やすべえ たけつね)
コピー :江戸の英雄
属性  :赤穂四十七士

 

堀部安兵衛     堀部安兵衛

  


■ キャラクター

剣術の達人で、四十七士のなかで唯一「決闘・討ち入り」と2度の実戦を経験。義に厚い武闘派で、仇討ちを強く主張した江戸急進派のリーダー的存在。


 

■ 刃傷事件まで ~義によって助太刀(すけだち)いたす~

若い時に同じ道場に通っていたおじさんの菅谷六郎左衛門(すがや ろくろう ざえもん)が、高田馬場(たかだのばば)で決闘することになった。助太刀を買って出た安兵衛は、だまし討ちしようとした2人を斬り倒す大活躍を見せた。
「高田馬場の決闘」の話は、たちまち江戸で話題となり、安兵衛は江戸っ子の人気者になった。そんな安兵衛の評判を聞きつけ、赤穂藩の堀部弥兵衛(ほりべ やへえ)から堀部家の後継者としてスカウトされる。その時はオファーを断るが、弥兵衛が半ば「押しかけ姑(しゅうと)」のような状態になるほど熱烈に再オファーされ、結局、養子になる。こうして、堀部家を継いだことで、安兵衛は赤穂藩士になった。


 

■ 刃傷事件後 ~たとえ餓死に及ぼうとも~

刃傷事件後は仇討ち派である「江戸急進派」のリーダーになる。赤穂城明け渡しのあと、江戸の赤穂藩の家を追い出されたが、剣術道場を開いたり看板を書いたり内職をしながら仇討ちの機会をうかがっていた。その間にも実家である中山家の主君である溝口家から士官のオファーを受けるが、「たとえ餓死しても、主君(浅野内匠頭)の無念を晴らしたいので、溝口家におつとめする気はありません」と断った。
なかなか仇討ちに踏み切らない大石内蔵助に何度も手紙を送りプレッシャーをかけ、内蔵助が仇討ちを急ぐ江戸急進派をなだめるために江戸に派遣した原惣右衛門(はら そうえもん)を反対に説得してしまうほど、安兵衛の仇討ちへの思いは強かった。
ついに内匠頭の弟である浅野大学が広島浅野家にお預けとなったことでお家再興派の夢は破れ、それをきっかけとして仇討ちへと方向性が決まる。


 

■ 討ち入り当日 

作戦上、強いひとが集められたのが暗殺部隊である「裏門組」。安兵衛はそのなかでも、剣豪チームに属する強豪のひとりで、最も活躍すると期待されていた。裏門から入り屋内へ斬り込むが、持ち場を離れ大暴れした不破数右衛門(ふわ かずえもん)に押され、そこそこの活躍にとどまる。


 

■ 辞世の句

梓弓 ためしにも引け 武士(もののふ)の 道は迷わぬ 跡を思はば
享年36歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

安兵衛さんは、内蔵助さんと同じくらい人気がありますねー。
新潟県の新発田出身で、地元の新発田市には、「武庸会(たけつねかい)」といって、安兵衛さんを讃えるための会が、2013年に100周年を迎えるほど、安兵衛さんは、チョー人気者です。堀部さん家に養子に行くまでは、中山安兵衛さんでした。