47義士

「浅野内匠頭を最後に見た男」 片岡源五右衛門

幼い頃から浅野内匠頭の小姓として仕え、同い年だったこともあり内匠頭とはとても気が合った。 父は、徳

「芸達者な内匠頭の信頼厚き美青年」 礒貝十郎左衛門

鼓や舞の才能があったが、浅野内匠頭に仕える際には芸事をやめ、学問や書画、武芸を熱心に習っていた。その

「俳句もたしなむ心やさしい美男」 岡野金右衛門

吉良上野介の家の女中と仲良くなり吉良家の家の見取り図を手に入れたという講談「恋の絵図面取り」で有名な

「高齢の父を追い、武で支えた忠義者」村松三太夫

父親は、ともに仇討ちに参加した村松喜兵衛。三太夫は、喜兵衛が止めたにもかかわらず、一緒に赤穂に向かい

「家族思いだが忠義に生きた男」村松喜兵衛

喜兵衛は、江戸の浅野家での経理を担当する役人で、刃傷事件が起こるまで赤穂の地を踏んだことはなかった。

「大活躍した多才な人」 大高源五

12月14日に吉良上野介の屋敷でお茶会がある、という情報を入手した人。首が太くて短く、顔にはあばたが

「仇討ちリーダー」 大石内蔵助

赤穂藩主だった浅野内匠頭の亡き後、赤穂のなかまたちを率いてあだ討ちを行った中心人物。忠臣蔵などでは健