47義士

「江戸急進派を押さえた大石内蔵助の補佐官」吉田忠左衛門

原惣右衛門とともに大石内蔵助を補佐した義士の中心人物の一人。弟の貝賀弥左衛門、息子の吉田沢右衛門とと

「神文返しの大役を果たした忠義の士」貝賀弥左衛門

義士の吉田忠左衛門の弟。浅野家再興の可能性がなくなり討ち入りが決まったときに、本当に討ち入りする覚悟

「記録が少ない謎の美青年」吉田沢右衛門

同じ義士である吉田忠左衛門の息子。沢右衛門についての記録は少ないが、美男子であったとされる。刃傷事件

「本当はお舅さんに怒られなかった物静かな剣豪」勝田新左衛門

赤穂義士のなかで、堀部安兵衛、杉野十平次に次ぐ剣術の名人。物静かで穏やか。柔軟で融通がきく性格だった

「生まれたばかりの子に名刀村正を遺した若侍」奥田貞右衛門

赤穂藩浅野家の家臣 近松行生の五男として生まれた。同じ義士である近松勘六の腹違いの弟であり、同じく義

「敵の弓の弦を切る機転を見せた若武者」小野寺幸右衛門

同じ義士である小野寺十内の義理の息子。討ち入りでは、吉良側が用意していた弓の弦を切って使えなくするな

「おしどり夫婦で有名な古兵」小野寺十内

浅野家代々の家臣で、妻の丹(たん)とはとても仲が良かった。その仲の良さは筋金入りで、十内が仇討ちを成

「急進派を説得しにいき反対に説得されてしまった内蔵助の参謀」原惣右衛門

吉田忠左衛門、小野寺十内とならび、大石内蔵助の参謀として活躍した。義士の岡嶋八十右衛門は、惣右衛門の

「内蔵助の信頼厚き会計係」岡嶋八十右衛門

大石内蔵助に、赤穂城の引き渡し時に「藩札の引き換え」という大役を任され、仕事をきっちりとこなした。兄

「内蔵助を支えた大石家の若者」大石瀬左衛門

大石内蔵助の親族で、内蔵助の息子である主税を除いては大石家からただ一人討ち入りに参加した若者。内蔵助