47義士

「ただ一人生き残り義士を最後まで弔った家来の鏡 」寺坂吉右衛門

まじめで正直な人柄で、足軽(あしがる ※1)としてはただ一人だけ討ち入りに参加することを許されるほど

「勇猛果敢だがおっちょこちょいな孟子の子孫」武林唯七

名前 :武林唯七隆重(たけばやし ただしち たかしげ)コピー:勇猛果敢だがおっちょこちょいな孟子の子

「浅野内匠頭とケンカをした男 」千馬三郎兵衛

とても正直で人に気に入られようとする言動ができない性格であったため、主君の浅野内匠頭に対しても思った

「潜伏中に貧乏な仲間を惜しみなく助けたお金持ち」杉野十平次

刃傷事件のときは、赤穂にいた。お城を幕府に明け渡すか、お城にたてこもって幕府と戦うかというときに、お

「浅野内匠頭からもらった大太刀を持って討ち入りへ」倉橋伝助

仇討ちという強い意志を持ちつつも柔軟性があり、あか抜けた感じの人。ぬかりなく面白い人で、商売上手だっ

「大石内蔵助の軍師・参謀をつとめた釣りが大好きな義士」菅谷半之丞

見た目は豪傑っぽいが、地味で物静か。趣味は釣り。美少年だったというウワサがあるが、実はそうでもなかっ

「自分の思想にもとづき行動した知の侍」木村岡右衛門

岡右衛門は学問に通じた武士だった。とても慎重な性格で、討ち入り参加を決めたのも刃傷事件から1年近く後

「文才に富んだ大酒飲みの美男」神崎与五郎

赤穂義士のなかでいちばんの大酒飲みで、「燗酒(かんざけ。温めたお酒のこと)よかろう」というあだ名をつ

「弓と槍を使いこなす俳人」茅野和助

神崎与五郎とおなじく、赤穂藩内では最も身分の低い藩士の1人。しかし、俳人としての才能もあり「禿峰」と

「池に落ちた名族の切れ者」近松勘六

祖先は清和源氏(清和天皇を祖先とする一族)というすごい血筋。父は名医で有名である一方、山鹿素行から直