「酒に溺れ志を失った不心得者」 田中貞四郎

名前     : 田中貞四郎(たなか さだしろう)
コピー  : 酒に溺れ、志を失った不心得者

 


■ キャラクター

赤穂義士である片岡源五右衛門礒貝十郎左衛門とともに、浅野内匠頭からとてもかわいがられた。
刃傷事件時、源五右衛門と十郎左衛門とともに内匠頭のお供として江戸にいた。内匠頭の墓前で、三人は仇討ちを固く誓う。その後は、モーレツ急進派として三人だけで活動していたが挫折。
源五右衛門と十郎左衛門は大石内蔵助たちに合流したが、貞四郎は酒に溺れてお金に困って逃亡した。


 

■ 博士のコメント
片岡さん、礒貝さん、田中さんら小姓組は、お殿様のお側近くに仕えていたので、他の人たちとは、また違った感情だったんでしょうねー。
江戸時代は、男が男を好きになるのはある意味当たり前だったので、どうしても小姓組のみなさんは、お殿様といい仲だと思われていたんでしょうねー。