「高齢の父を追い、武で支えた忠義者」村松三太夫

名前   : 村松三太夫高直(むらまつ さんだゆう たかなお)
コピー: 高齢の父を追い、武で支えた忠義者
属性 : 赤穂四十七士

村松三太夫    村松三太夫

 

 


■ キャラクター

父親は、ともに仇討ちに参加した村松喜兵衛(むらまつ きひょうえ)。三太夫は、喜兵衛が止めたにもかかわらず、一緒に赤穂に向かい、仲間に加わった。
その後は、喜兵衛とともに大石内蔵助(おおいし くらのすけ)につき従い最後まで支えた。

 


■ 刃傷事件後 ~父を追いかけて赤穂に~

刃傷事件時、三太夫は父の喜兵衛とともに江戸にいた。内匠頭の切腹を聞いた喜兵衛は、三太夫に家のことを任せて赤穂に向かった。
しかし、三太夫も忠義から喜兵衛を追いかけ、ともに赤穂の地を踏んだ。仇討ちの仲間に加わった後は江戸に戻り、討ち入りのための準備を進めた。
もともと江戸に住んでいたため、江戸の地理には詳しかった。

 


■ 討ち入り当日とその後 ~父の分もと討ち入りで活躍~

討ち入りには裏門組として参加し、一番に屋内に突撃した。

 


■ 辞世の句

極楽を断りなしに通らばや弥陀諸共に四十八人
享年27歳(元禄16年2月4日、切腹)

 


■ 博士のコメント

三太夫さんは、あまり動けない親父さんの分まで2人分の働きをしますと言って、討ち入りに参加した孝行息子です。討ち入り前に刀を研ぎに出して、受け取るときに、研ぎ屋さんの柱を切りつけ、「よく切れる」と納得してかえり、研ぎ屋さんが、三太夫さんが討ち入りメンバーだったことを後日知ってから、その刀傷を家宝にしました。っていう作られた逸話が残ってるんですよ。