「敵の刀を拾って戦いつづけた勇士」矢田五郎右衛門

名前 :矢田五郎右衛門助武(やた ごろえもん すけたけ)
コピー:敵の刀を拾って戦いつづけた勇士
属性 :赤穂四十七士

 

矢田五郎右衛門    矢田五郎右衛門

 


■ キャラクター

父から兵学を学んだ文武両道(ぶんぶりょうどう ※1)の武士。戦いの最中、自分の刀が折れても敵の刀を奪ってまで闘いつづけた不屈の精神の持ち主。

※1 勉強も武道も両方とも優れていること。


 

■ 刃傷事件まで 

祖父は、徳川家康に仕えて戦国時代を勝ち抜いてきた強い武士。父は、山鹿素行が赤穂藩にお預けになったときに付きそい、それをきっかけに山鹿流の兵学を身につけていた。
そんな環境で育った五郎右衛門は、まさに文武両道の武士だった。


 

■ 討ち入りまで

五郎右衛門は、江戸の浅野家の屋敷で働いていたので、刃傷事件がおきたときも、江戸の屋敷にいた。赤穂藩が取りつぶしになったあとは、赤埴源蔵と同居しながら、討ち入りの時期をまった。江戸の地理にとても詳しかったこともあり、吉良上野介の行動を探ったりしていた。


 

■ 討ち入り当日 
討ち入りには表門組として参加。屋内に攻め込んだときに背後から吉良家の人に斬りつけられたが、幸い着物が破れただけだった。五郎右衛門はその相手を討ち取ったが、そのときに愛用していた刀が折れてしまうというアクシデントがあった。それでも五郎右衛門は、討ち取った相手の刀を拾って戦いつづけた。


 

■ 討ち入り後 

お預けになっている細川家の人に、「自分がいま持っている刀は敵の刀で、自分の刀が折れてしまったから仕方なく使った。自分の家族が今もっている刀を見たら不審に思うかもしれないので、このことを伝えてください」と頼んだ。


 

■ 辞世の句

不詳
享年29歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

五郎さんは、討ち入りの時に敵を切った時に、勢い余って火鉢に打ちつけてしまい、刀を折ってしまいました。敵の刀を奪って戦ったのは有名な話です。赤穂の大石神社さんの参道に、四十七士の石像がたってますが、奉納者は矢田達郎さんになっていて、元神戸市長さんですよ。