「大石内蔵助の軍師・参謀をつとめた釣りが大好きな義士」菅谷半之丞

名前 :菅谷半之丞政利(すがのや はんのじょう まさとし)
コピー:大石内蔵助の軍師・参謀をつとめた釣りが大好きな義士
属性 :赤穂四十七士

 

菅谷半之丞    菅谷半之丞

 


■ キャラクター

見た目は豪傑っぽいが、地味で物静か。趣味は釣り。美少年だったというウワサがあるが、実はそうでもなかったらしい。
子どものころに山鹿素行から直接兵学を学び、赤穂藩内でいちばんの免許皆伝(めんきょかいでん ※1)となった。のちに、大石内蔵助に山鹿流を教えた。

※1 武術や技術など、奥深いところまですべて習得すること


 

■ 討ち入りまで

あまり派手な動きをしていないため、残された逸話がほとんどない。内蔵助らとともに江戸に行ってからは内蔵助の参謀(さんぼう ※2)の役目を果たしたが、江戸に出てくるまでは趣味の釣りばかりしていた。
唯一「美少年であるがため義母に付きまとわれたが、父親にも相談できず赤穂から逃げた」という話が有名だが、これもすべてうそである。

※2 戦い方の作戦などを計画する人


 

■ 討ち入り当日

裏門組として討ち入りに参加。裏門組の大将だった大石主税のそばで、槍で戦った。


 

■ 辞世の句

不詳
享年44歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

半之丞さんは、討入りまでの間、広島県の三次(浅野内匠頭さんの奥さん、あぐりさんの故郷)にいて、釣りばかりしていました。そこは甲斐庵と言われていて、今も三次に甲斐庵跡の標柱が立ってます。三次市では、四十七士中、一番人気があるのは、この半之丞さんですよ。