武士の年俸

●「石(こく)」と「俵(ひょう)」の違い

どちらもお米の単位であるが、「石」は土地の単位、またはその土地でとれるお米の単位で、1石は兵1人が1年に食べる量とされている。「
俵」は保管したり手渡したりするために包装されたお米の単位を指す。
米1俵 = 1石 = 金1両とされていたので、実際のお米の量は変わらないが、用途による言い方の違いがある。


 

● 知行取り(ちぎょうとり)※単位:石

一定の領地(知行地)を与えられ、そこから年貢(税金)として米を徴収し、それを収入とした人。与えられるものが「領地」であったので、土地の単位である「石(こく)」が知行取りの収入の単位となっている。
また、当時の年貢の税率は「その年の収穫高の4割を年貢として領主に納め、6割を農民の所得とする=四公六民(しこうろくみん)」と決まっていた。
そのため、たとえば150石の知行取りの場合は、知行地全体では150石の米がとれ、実質の年貢収入は60石になる。
大石内蔵助は1,500石の知行取りだったので、実収は600石、現在の価値に換算すると約6,000万円であった。


 

● 蔵米取り(くらまいとり)※単位:俵

主君から給料として米を支給される人。米を現物支給されるので、蔵米取りの収入の単位は「俵(ひょう)」となっている。

 

実質的な収入で考えると1石=1俵だが、当時の偉さランキングとしては知行取りの1石は蔵米取りの2.5俵と同じ価値があるとされていた。