「浅野内匠頭からもらった大太刀を持って討ち入りへ」倉橋伝助

名前 :倉橋伝助武幸(くらはし でんすけ たけゆき)
コピー:浅野内匠頭からもらった大太刀を持って討ち入りへ
属性 :赤穂四十七士

 

倉橋伝助    倉橋伝助

 


■ キャラクター

仇討ちという強い意志を持ちつつも柔軟性があり、あか抜けた感じの人。ぬかりなく面白い人で、商売上手だった。


 

■ 討ち入りまで

伝助は刃傷事件のとき、浅野内匠頭の参勤交代(さんきんこうたい ※1)のお供をして江戸にいた。事件が起きてすぐ赤穂に戻り、赤穂城の明け渡しが終ってから再び江戸に出た。早くから仇討ちを考え江戸急進派に所属したが、お家再興派の吉田忠左衛門の説得により、辛抱強く討ち入りの時期を待った。
江戸に潜伏している間に、前原伊助が吉良上野介の家の近くにオープンしたお米屋さんの従業員として働いた。2人とも商売上手だったのか、お米屋さんは繁盛し、米屋でもうけたお金を義士仲間の生活のために使ったりと、義士たちに分け与えたりしていたらしい。

※1 江戸での務めと領地での務めを、原則として1年交代行うこと


 

■ 討ち入り当日

内匠頭からもらった大太刀と刀を持って討ち入りに参加した。裏門組に所属し、堀部安兵衛たちと一緒に、吉良邸のなかに突入した。
討ち入りから切腹するまで滞在していた毛利家の屋敷では、狂言のモノマネをしてみんなを笑わせた。


 

■ 辞世の句

不詳
享年34歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

伝助さんは、幼いころにお父さんを亡くしています。7歳で跡を継いでから、浅野さんのもとでしっかり勤めていたんですよね。あまり詳しく人物像が残っていない一人ですが、殿様からもらった刀を持って討ち入りしたのは有名な話です。