「文才に富んだ大酒飲みの美男」神崎与五郎

名前 :神崎与五郎則休(かんざき よごろう のりやす)
コピー:文才に富んだ大酒飲みの美男
属性 :赤穂四十七士

 

神崎与五郎    神崎与五郎

 


■ キャラクター

赤穂義士のなかでいちばんの大酒飲みで、「燗酒(かんざけ。温めたお酒のこと)よかろう」というあだ名をつけられていた。
俳句に関しては大高源五とならぶ才能をもち、義士である前原伊助と一緒に『赤城盟伝(せきじょうめいでん)』という本も書いた文才の持ち主。なお、この『赤城盟伝』は、元禄赤穂事件の資料のひとつとされていて、このなかで与五郎は、仇討ちに参加しなかった元浅野家の家臣たちを激しく非難している。裏切り者は許さない性格だったらしい。また、美男だったというウワサも。


 

■ 討ち入りまで

父の代から浅野家に仕えるようなったが、最下層の身分だったため、特に浅野家に対する恩というよりは、武士としての筋をとおすために仇討ちに参加したのではないかと言われている。
吉良上野介の屋敷付近に潜伏して状況を探っている間は、扇子屋に変装していた。その当時、扇子屋は役者が内職でやっていることが多かったので、与五郎も美男だったのではないかと言われている。


 

■ 討ち入り当日

討ち入りには表門組として参加。武器は半弓だった。


 

■ 討ち入り後

幕府の判断を待つ間、与五郎だけは薬の代わりとしてお酒を飲むことを許されていた。
また、切腹する順番は身分の高い者から行うのが常識だったが、自分よりも身分の低い義士が先に切腹をしてしまったため、切腹する順番に関してかなり不満を漏らしていたらしい。


 

■ 辞世の句

梓弓春近ければ小手の上の雪をも花のふぶきとや見ん
享年38歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

神崎さんは、四十七士中、一番の酒飲みでした。切腹の時は、自分より身分が下だった三村次郎左衛門さん(台所役人)が先に名前を呼ばれて切腹し、そのあと神崎さんが呼ばれる形になったのですが、その時に「いささか閉口でござる」といって、怒ってたそうです。三村さんも困惑してたでしょうね。