「弓と槍を使いこなす俳人」茅野和助

名前 :茅野和助常成(かやの わすけ つねなり)
コピー:弓と槍(やり)を使いこなす俳人
属性 :赤穂四十七士

 

茅野和助    茅野和助

 


■ キャラクター

神崎与五郎とおなじく、赤穂藩内では最も身分の低い藩士の1人。しかし、俳人としての才能もあり「禿峰」という雅号(ペンネームのようなもの)を持っていた。さらに、武術、特に槍の達人で、自眼流居合いを得意としていた。また、討ち入りのときには弓で戦っているので、弓も得意だったと思われる。
なお、赤穂義士の中に萱野三平(かやの さんぺい)という人がいるが、この茅野和助との関係はない。しかし名字の読みが同じ「かやの」であるせいで「2人は兄弟で、自害した三平の無念は弟の和助が晴らした」などという事実と異なるウワサが、いまだに残っている。


 

■ 討ち入りまで

刃傷事件のときには、赤穂にいた。すぐに大石内蔵助にしたがい、仇討ち仲間に加わった。その後、大石主税と一緒に江戸へ行き、礒貝十郎左衛門の家で同居しながら町医者に扮(ふん)して潜伏していた。


 

■ 討ち入り当日

討ち入りでは、裏門組に属して半弓で戦った。


 

■ 辞世の句

天地の外はあらじな千種たに もとさく野べにかるると思へは
享年37歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

和助さんは、四十七士の中でも逸話の少ないひとですね。もとは岡山の津山森家に仕えてましたが、森家が断絶になって赤穂浅野家に仕えるようになりました。三船敏郎さん主演の大忠臣蔵では、茅野さんは、毎回のように登場して、結構いい役どころで活躍しますよ!