「池に落ちた名族の切れ者」近松勘六

名前 :近松勘六行重(ちかまつ かんろく ゆきしげ)
コピー:池に落ちた名族の切れ者
属性 :赤穂四十七士

 

近松勘六    近松勘六

 


■ キャラクター

祖先は清和源氏(清和天皇を祖先とする一族)というすごい血筋。父は名医で有名である一方、山鹿素行から直接兵学を学んでいた文武両道(ぶんぶりょうどう)の人であり、勘六自身も兵学に詳しく頭の良い冷静沈着な男だった。


 

■ 討ち入りまで

刃傷事件のときは、参勤交代で浅野内匠頭のお供をして江戸にいた。江戸にあった浅野家の屋敷をひきはらったあと、すぐに赤穂に戻り大石内蔵助にしたがって仇討ち仲間に加わった。デキる男だった勘六は内蔵助からの信頼も厚く、江戸まで急進派を説得しに行く役を任されたりした。
また、勘六は家来の甚三郎(じんざぶろう)ととても仲が良く、急進派を説得しに江戸に行ったときも、甚三郎と一緒だった。


 

■ 討ち入り当日

表門組として討ち入りに参加し、吉良の屋敷から逃げ出してくる敵と戦った。清水一学と斬り合って庭の池に落ちたエピソードが有名だが、実際にたたかったのは清水ではなく山吉新八。そのときに、雪で足を滑らせて庭の池に落ち怪我をしたため、吉良の屋敷からひきあげて泉岳寺に向かう途中、歩けなくなり駕籠(かご)に乗って移動した。
また、勘六の家来である甚三郎は、討ち入りを終えた勘六や義士たちにお餅とみかんを配り、みんなをねぎらった。


 

■辞世の句

不詳
享年34歳(元禄16年2月4日、切腹)


 

■ 博士のコメント

勘六さんは、映画やドラマの中では、必ず池に落ちます(笑)。勘六さんの家来の甚三郎さんは、江戸に入った四十七士の中の伝令係として、かなり活躍してます。最後まで勘六さんに付き従って、近松本家に報告に戻った時に、近松本家から、「近松」を名乗ることを許されたそうですよ。勘六さんと奥田貞右衛門さんは、兄弟です。