元禄赤穂事件って?

月日事件江戸赤穂関連用語
1701年
(元禄14年)
3月14日刃傷事件 いじめ 江戸城での天皇の使者を迎える将軍(徳川綱吉/とくがわつなよし)のイベントで、上司の吉良上野介(きらこうずけのすけ)は、部下の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)をいじめていた。   勅使饗応役(ちょくしきょうようやく)
浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)
けんか
(刃傷事件)
それに怒った内匠頭は、イベントの最中に江戸城にある松の大廊下で、吉良を斬りつけた(刃傷)。   刃傷(にんじょう)
・殿中(でんちゅう)
刃傷事件
切腹
(せっぷく)
大事なイベントを邪魔されて怒った将軍は、きちんと事件について調べることなく、内匠頭だけに切腹するように言い渡した。
すぐに内匠頭は江戸城の近所にあった田村さんの屋敷の庭で切腹させられ、その遺骸は家臣の手によって泉岳寺に葬られる。
  田村邸(たむらてい)
泉岳寺(せんがくじ)
早かご出発 江戸にいた内匠頭の家臣たちが、内匠頭のお城である赤穂城にいる家臣のリーダー(大石内蔵助)に事件を知らせるため、早かごに乗った。   大石内蔵助(おおいしくらのすけ)
3月15日 浅野大学
謹慎処分
浅野内匠頭の弟である浅野大学が、幕府から閉門(謹慎)の刑を言い渡される。 お預け(おあずけ)
3月19日 早かご到着 早かごが浅野家の領土である赤穂に到着。 息継ぎ井戸(いきつぎいど)
3月27日 派閥にわかれてうちわもめ 大会議   家臣のみんなで3日間話し合い、お殿さまである浅野内匠頭の敵(吉良)を討つことに決定する。 大評定(だいひょうてい)
4月19日 城あけわたし   浅野家がつくったお城なのに、家臣は全員赤穂城から出て行くように幕府から命令がある。
リーダーである内蔵助は、ひとまずそれを受け入れ、お城をあけわたす。
 
誓約書提出   多くの浅野家の家臣が、「リーダーの内蔵助に従うよ」という誓約書(神文・誓詞)を提出する。 神文返し(しんもんがえし)
9月 うちわもめ① あだ討ちの時期を模索する内蔵助は、江戸にいる「いますぐ敵(吉良)を打とう!」という同志たち(江戸急進派)を説得するため、江戸に部下を派遣する。 江戸急進派(えどきゅうしんは)
お家再興(おいえさいこう)
・浅野大学(あさのだいがく)
  内蔵助が派遣した説得係が江戸に到着。江戸急進派をなだめるはずの説得係が、反対に説得されてしまい、江戸急進派に参加してしまう。  
11月20日 うちわもめ② リーダーの大石内蔵助自ら、江戸急進派を説得しに江戸へ。
  「来年の3月までは派手な行動はせず、ひたすら我慢しよう」という形でいったんおちつく。  
1702年
(元禄15年)
2月25日 うちわもめ③ 山科に同志があつまる。「浅野家再興(お家再興)のために、内匠頭の弟である浅野大学への処分がどうなるか幕府の判断をまとう。」ということでまとまる。(山科会議)
これを聞いた江戸急進派は、大いに反発。あわや分裂の危機におちいる。
7月18日浅野大学
広島へ
浅野大学が、幕府から広島の浅野本家へお預け(拘禁)の刑を言い渡される。これで、浅野家の立て直しは絶望的になった。  
7月28日あだ討ちすることに決定 内蔵助は、同志のみんなを京都の円山にあつめて会議をし、あだ討ちを決行することに決定した。(円山会議)
8月神文返し 内蔵助は、誓約書を提出していた同志たちの本音を確認するために、大高源五らを使って同志たちに浅野大学の処分を知らせるとともに誓約書を返した。そして、誓約書を受け取らなかった者だけを、あだ討ちに参加させることにした。 大高源五(おおたかげんご)
・神文返し(しんもんがえし)
義士たち
江戸へ
あだ討ちに参加する赤穂の同志は、次々と江戸へ集結。  
10月19日山田宗徧に
入門
大高源五が「脇屋新兵衛」と名前をかえて、吉良に茶道を教えている山田宗徧に入門。   大高源五(おおたかげんご)
12月10日討ち入り日
決定
大高源五が、14日に吉良邸で茶会があることを察知。この情報をもとに、討ち入り日が14日の夜に決定。  
12月14日吉良邸
討ち入り
義士集結 夜中に同志が吉良邸の近所3ヶ所に集結。    
12月15日討ち入り 午前4時ごろ、吉良邸に討ち入り決行。上野介を討ち取りその首(首級)を持ち、6時ごろ退去。   首級(しるし)
泉岳寺(せんがくじ)
・お預け(おあずけ)
泉岳寺へ 午前8時ごろ、泉岳寺に到着。内匠頭のお墓に上野介の首をお供えして、あだ討ちの成功を報告。  
自首 幕府に自首。内蔵助ふくめあだ討ちに参加した計46人が、4つの大名のもとへお預け(拘禁)の刑となる。  
1703年
(元禄15年)
2月3日討ち入りの後切腹の命令 幕府は、あだ討ちに参加した46人全員に、切腹を命ずる。   徳川綱吉(とくがわつなよし)
・浅野大学(あさのだいがく)
2月4日義士切腹 46人全員切腹。  
1704年
(元禄16年)
1月10日討ち入りの後将軍綱吉死去 将軍であった徳川綱吉が死去。  
8月20日お預かりの身
とかれる
浅野大学、罪が許され預かりの身がとかれる。  
9月16日浅野家再興 浅野大学、幕府から安房国朝夷郡・平郡(現在の南房総市の一部)に500石をもらい、浅野家再興。