47義士それぞれの武力や忠義などを数値化。どんな人だったか、どんなことをしたか、などによって背景や色が違います。どんな理由でグループ分けしてあるか、Blogを読んで当ててみよう! ▶商品のご購入はこちら

義士カードを使っていろんな遊びができるので、
ここに書いてある遊び方以外にも、自分で遊びを作っちゃおう!
作った遊び方をお問い合せフォームから投稿すると、あなたの作った遊び方がここに掲載されるかも。

義士カードの名称説明

カードの説明

遊び1、義士こいこい

「義士こいこい」は、勘と判断力が必要な、ちょっとした脳トレゲームです。「義士こいこい」は、花札の遊び「こいこい」のルールに似ています。

 遊ぶ人数
  2人 ※3人以上のお友達がいるときは、順番を決めて仲良く遊んでね。
 ゲームのリーダー
  ジャンケンをして勝った人 ※負けた人はメンバー
 勝利の条件
  一番多く点を獲得した人の勝ち。
 カードを獲得できる条件
  場に同じ枠色のカードがあれば、手札or山札と場のカードの合計2枚を獲得することができる。
※詳しくは「ルール」と「図解」をみてね。
 勝利のコツ
  得点の高いチームをたくさん作る。
チーム一覧を見ながら、どのカードを取るとチームを作れるか考えながらゲームをしよう!
 遊ぶまでの準備
image
 リーダーがカードを配る。メンバー・場(リーダーとメンバーの間のこと)・リーダーの順に1枚ずつ裏向きに配り、それぞれが8枚になるようにする。
 場の中心に、の残りの札をすべて裏向きにして置く。これが山札となる。山札の周りに、場にある8枚のカードを表向きにしながら並べる。
 リーダーとメンバーは、それぞれ自分の手元にある8枚のカード(手札)を、裏向きのまま自分の前に一列に並べる。

これで準備は完了

表向きの詳細はこちらをクリック

手札を表向きにすると、自分のカードと相手のカードを見て作戦を考えながら遊べるので、難易度があがるよ。
裏向きの遊びになれてきたら、表向きでも遊んでみよう!

 遊び方
順 番

リーダー ⇒ メンバー ⇒ リーダー ⇒ メンバー・・・

ルール
 まずはリーダーから始める。自分のカードを1枚めくる
めくったカードと同じ枠色のカードが場にあれば、めくったカードと場にある同じ枠色のカードの合計2枚を獲得する。
獲得したカードは表向きのまま、脇によけて置いておく。
同じ枠色のカードがなければ、めくったカードを表向きにしたまま場に置く。
 ひきつづき、リーダーが山札を1枚めくる
めくったカードと同じ枠色のカードが場にあれば、めくったカードと場にある同じ枠色のカードの合計2枚を獲得する。
獲得したカードは表向きのまま、脇によけて置いておく。
同じ枠色のカードがなければ、めくったカードを表向きにしたまま場に置く。
 順番を交代し、次はメンバーが自分のカードを1枚めくる
めくったカードと同じ枠色のカードが場にあれば、めくったカードと場にある同じ枠色のカードの合計2枚を獲得する。
獲得したカードは表向きのまま、脇によけて置いておく。
同じ枠色のカードがなければ、めくったカードを表向きにしたまま場に置く。
 ひきつづき、メンバーが山札を1枚めくる
めくったカードと同じ枠色のカードが場にあれば、めくったカードと場にある同じ枠色のカードの合計2枚を獲得する。
獲得したカードは表向きのまま、脇によけて置いておく。
同じ枠色のカードがなければ、めくったカードを表向きにしたまま場に置く。
 を自分の裏向きのカードがなくなるまで続ける。
(1人8回 合計16回)
 最後に獲得したカードでチーム(組み合わせ)をつくって、その合計点が多い方が勝ち!
得点は、チーム・得点一覧を見てね。
図 解
  • めくったカードを同じ枠色のカードが、場に1枚あった場合、めくったカード+場のカード1枚の合計2枚を獲得。

めくったカードを同じ枠色のカードが、場に1枚あった場合

  • めくったカードを同じ枠色のカードが、場になかった場合、めくったカードを場に置く。このカードは場のカードになる。

めくったカードを同じ枠色のカードが、場になかった場合

  • めくったカードを同じ枠色のカードが、場に2枚以上あった場合、めくったカード+場のカード1枚だけ合計2枚を獲得。
めくったカードを同じ枠色のカードが、場に2枚以上あった場合
チーム・得点一覧
NOチーム条 件得 点必要なカード目 印
1内蔵助’S
TOP5
内蔵助No.1~5が全員そろっている15点大石内蔵助、原惣右衛門、吉田忠左衛門、間瀬久太夫、小野寺十内 左上のNo.
2内蔵助’S
TOP4
内蔵助No.1~5のうち4人がそろっている10点大石内蔵助、原惣右衛門、吉田忠左衛門、間瀬久太夫、小野寺十内  左上のNo.
3内蔵助’S
TOP3
内蔵助No.1~5のうち3人がそろっている5点大石内蔵助、原惣右衛門、吉田忠左衛門、間瀬久太夫、小野寺十内 左上のNo.
4年配5人衆年長者6人がそろっている15点堀部弥兵衛、村松喜兵衛、間瀬久太夫、吉田忠左衛門、小野寺十内、間喜兵衛 享年60歳以上

※寺坂吉右衛門は除く

5色男6人衆色男6人がそろっている15点吉田沢右衛門、岡野金右衛門、礒貝十郎左衛門、神崎与五郎、矢頭右衛門七、大石主税 ピンクのハート
ピンクのハート
6寵愛3人衆寵愛者3人がそろっている5点礒貝十郎左衛門、片岡源五右衛門、大石主税ブルーのハート
ブルーのハート
7早駕籠4人衆早駕籠(はやかご)で赤穂に向かった4人がそろっている10点原惣右衛門、早水藤左衛門、大石瀬左衛門手紙マーク
手紙マーク
8弓の名手3人衆武器が弓の3人がそろっている3点早水藤左衛門、神崎与五郎、茅野和助左下の武器の絵柄が弓
左下の武器の絵柄が弓
9長太刀4人衆武器が長太刀の4人がそろっている4点奥田孫太夫、武林唯七、大高源五、堀部安兵衛左下の武器の絵柄が
長太刀
左下の武器の絵柄が長太刀
10槍(やり)使い武器が槍の人が5人以上そろっている5人で1点。
以降1人増えるごとに1点加算
 左下の武器の絵柄が槍
左下の武器の絵柄が槍
11刀使い同じ武器の人が10人以上そろっている10人で1点。
以降1人増えるごとに1点加算
 左下の武器の絵柄が刀
左下の武器の絵柄が刀
12背景同じ背景が5枚以上そろっている5枚で1点。
以降1枚増えるごとに1点加算
同じ背景が5枚以上そろっている 人物の背景
13表門組/裏門組同じ組の人が10人以上そろっている10人で1点。
以降1人増えるごとに1点加算
同じ組の人が10人以上そろっている 右上
14家紋同じ家紋の人が2人以上そろっている2人で2点。
以降1人増えるごとに1点加算
同じ家紋の人が2人以上そろっているカード右下の家紋

遊び1、義士こいこい

「義士こいこい」の上級編です。ルールは初級編と同じです。違いは、手札を裏向きにするか表向きにするかのみです。
表向きにすることで、カードを獲得する順番などを考えながら遊ぶことになるので、判断力が必要になります。

 遊ぶ人数
  2人 ※3人以上のお友達がいるときは、順番を決めて仲良く遊んでね。
 ゲームのリーダー
  ジャンケンをして勝った人 ※負けた人はメンバー
 勝利の条件
  一番多く点を獲得した人の勝ち。
 カードを獲得できる条件
  場に同じ枠色のカードがあれば、手札or山札と場のカードの合計2枚を獲得することができる。
※詳しくは「ルール」と「図解」をみてね。
 勝利のコツ
  得点の高いチームをたくさん作る。
自分のカード、相手のカード、獲得したカードを見ながら、どのカードを獲得すると得点の高いチームを作れるか、相手に得点の高いチームを作らせないためにはどのカードを獲得したらいいかなどを判断しながら作戦を立てる。
 遊ぶまでの準備
image
 リーダーがカードを配る。メンバー・場(リーダーとメンバーの間のこと)・リーダーの順に1枚ずつ表向きに配り、それぞれが8枚になるようにする。
 場の中心に、の残りの札をすべて裏向きにして置く。これが山札となる。山札の周りに、場にある8枚のカードを表向きにしながら並べる。
 リーダーとメンバーは、それぞれ自分の手元にある8枚のカード(手札)を、表向きで自分の前に一列に並べる。

これで準備は完了

 遊び方
順 番

リーダー ⇒ メンバー ⇒ リーダー ⇒ メンバー・・・

ルール
 まずはリーダーから始める。自分のカードを1枚選ぶ。
選んだカードと同じ枠色のカードが場にあれば、選んだカードと場にある同じ枠色のカードの合計2枚を獲得する。
獲得したカードは表向きのまま、脇によけて置いておく。
同じ枠色のカードがなければ、選んだカードを表向きにしたまま場に置く。
 ひきつづき、リーダーが山札を1枚めくる。
選んだカードと同じ枠色のカードが場にあれば、選んだカードと場にある同じ枠色のカードの合計2枚を獲得する。
獲得したカードは表向きのまま、脇によけて置いておく。
同じ枠色のカードがなければ、選んだカードを表向きにしたまま場に置く。
 順番を交代し、次はメンバーが自分のカードを1枚めくる。  
選んだカードと同じ枠色のカードが場にあれば、選んだカードと場にある同じ枠色のカードの合計2枚を獲得する。
獲得したカードは表向きのまま、脇によけて置いておく。
同じ枠色のカードがなければ、選んだカードを表向きにしたまま場に置く。
 ひきつづき、メンバーが山札を1枚めくる。  
選んだカードと同じ枠色のカードが場にあれば、選んだカードと場にある同じ枠色のカードの合計2枚を獲得する。
獲得したカードは表向きのまま、脇によけて置いておく。
同じ枠色のカードがなければ、選んだカードを表向きにしたまま場に置く。
 を自分のカードがなくなるまで続ける。  
(1人8回 合計16回)
 最後に獲得したカードでチーム(組み合わせ)をつくって、その合計点が多い方が勝ち!
得点はチーム・得点一覧を見てね。

遊び2、AKG+48

「AKG+47 」は、勘と記憶力と足し算が必要な、ちょっとした脳トレゲームです。 「AKG+47」は、トランプの遊び「神経衰弱」のルールに似ています。

 遊ぶ人数
  2人以上
 ゲームのリーダー
  ジャンケンをして勝った人
 勝利の条件
  一番多く点を獲得した人の勝ち。
 カードを獲得できる条件
  めくった2枚のカードの左上の数字を足した合計が「47」だった場合、その2枚のカードを獲得することができる。
 勝利のコツ
  自分の周りにあるカードだけを集中して覚えるといいよ。
 遊び方
順 番

リーダーから時計回り

ルール
 リーダーが48枚のカードを、重ならないように裏向きに並べる。
 リーダーから順番にカードを2枚めくる。その2枚のカードの左上の数字を足した合計が「47」 だったら、その2枚を獲得する。
 めくった2枚のカードの数字を足した合計が「47」だった場合は、その人はさらに2枚のカードをめくることができる。
2枚のカードの数字を足した合計が「47」ある限り、 その人の順番が続く。
 めくった2枚のカードの数字を足した合計が「47」ではなかった場合は、その2枚のカードを元の位置にもどして裏向きにする。次の人の順番になる。
 カードが全て取られたらゲーム終了。一番多くのカードを獲得した人の勝ち。
図 解
  • めくった2枚のカードの左上の数字を足した合計が「47」ではなかった場合は、めくったカードを裏向きにもどす。

image


  • めくった2枚のカードの左上の数字を足した合計が「47」だった場合は、その2枚を獲得して続けて2枚のカードをめくる。

image